FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々に続きMOSO以外のSSです。
え~こないだUPした拍手投稿作 「COUNT DOWN」の続篇というか蓮ver.です。
時間軸的にはこれ→COUNTDOWN→ となります。その後についてはもっか校正中。
これはAKI姐の感想から生まれた産物ですのでAKI姐に捧げます。いらないかもしれないが・・。

んでは続きからどぞ。
COUNTDOWNは一緒に  ~蓮Ver.~


12月29日 PM18:00
「蓮、お疲れ~!!今年は仕事納めが早くてよかったな。」

いつもよりうんと早い仕事UPに、元気いっぱいの社さんがミネラルウォーターを差し出しながら言った。
今日は29日。年明け用のインタビュー収録が最後の仕事だった。
映画の撮影もまだ入っていない今年は、めずらしく余裕のある年末だ。

「お前さぁ、正月どっか行くの?今んとこ届だしてないけど・・まさかハワイとか・・行かないよな」
「いえ、正月にハワイは・・さすがに・・」
「だよなあ、あの時期にわざわざ好きこのんでいかないよなあ」

一時はなりを潜めていた「年末年始の成田取材」は最近再び気合が入っているらしく、
ハワイ便を中心に出発口に各局で結託して張っている。
飛行機に乗るためには必ず通らなければならない場所だけに、見つかったら面倒なことこのうえない。

「まあ俺は無難に地元帰るけどお前、東京だもんな?」
「そうですね、帰る田舎もないですし。今年はのんびりしますよ。年明けたら忙しくなりますからね」
年明けには ダークムーンの残りの撮影と、いよいよB.Jの撮影が始まる。

「・・キョーコちゃんもさー年末は仕事入ってないんだよね~ 」
社さんが唐突に、あの子の話題を持ちかけてきた。
いやそれもいつものことだから、もう動揺なんてせずにさらっと受けこたえる。

 「新しいドラマの収録はまだなんですか?」
 「ドラマ自体は四月クールだし、学校モノだろ?ふつうにクランクインは
  年明けスタートだって聞いてるけど?」

そうか、あの子も年末年始はオフなのか・・・・。
しばらく・・といっても三日前に会ったばかりだけど、どうしてるかな・・。
俺の思考を見透かしたかのように社さんが言う。

「・・どうせなら年越しそばとか作ってもらったら?」
「・・いいですよ。彼女は彼女で予定があるでしょうから」
「・・まったくもう・・・知らないよ?不破尚と一緒に京都帰ったりしたらシャレになんないと思うけど」
「ありえませんから。彼女に限って」

彼を事務所まで送り、俺は車を自宅へと走らせた。
あの娘は・・最上さんは年末年始どう過ごすのだろうか。まさかあいつと帰郷は100%ないだろうが。
きっとあの子のことだから、母親のいる田舎には帰らないんだろう。

新年を迎えるときに、たったひとりきりでいるつもりなのだろうか。

ふと、さびしげなあの子の表情が浮かぶ。
そんな時俺がそばにいられたら。
君の寂しさも少しは埋められるだろうか。

気がついたら、携帯のアドレス帳「マ行」を探っている自分。
画面に表示されるあの子の番号。

・・・誘ってみようか。

通話ボタンを押そうとするが、その先が踏み出せない。
「いやあの子はあの子で予定があるかもしれないし」

そうこうしているうちに、携帯の画面からあの子の番号が消える。タイムアウト、時間切れ。
ふ~っ。我ながら情けない。
たかだか電話一本かけるのに何をこんなに迷うことがあるのだろう。


もたもたしているうちに
12月31日当日を迎えてしまっていた。
もうこれを逃したらあとがない。意を決して電話をかけた。
「もしもし、俺だけど・・今電話大丈夫?・・・・」

COUNTDOWNへ続く


このSSは拍手投稿した「COUNTDOWN」を読んで下すったAKIさんから頂いた
感想から派生したものです。「キョーコに携帯かけようかどうしようか迷って画面見つめる蓮」とか
その後の展開とか・・・でなければあれはあれで完結していたでしょう。書いてて楽しかったです♪
AKI姐ありがと~★ 
Secret

TrackBackURL
→http://jirokichi5.blog7.fc2.com/tb.php/114-2c2e61bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。