FC2ブログ
好きなものは好きと
声を大にして言うことはほんとに大事だよなとつくづく最近思っているじろですこんばんは。

あッこちゃんが以前言ってたんだよね。
「今まで言えなかった。オリンピックに出たいって。でも口に出さなきゃだめなんだ。
 それが叶える方法なんだって」


そして見事オリンピックに出場した彼女。
いやじろの場合は次元が低すぎますがね。

新横浜スケートセンター・・・いいな。DOIも行かねば。


さて。休日出勤前。早起きして本誌買って電車の中で4回くらい読んで出勤しました。
幸せな一日でした。

続きにネタばれ注意の感想です。
ACT.157 

カイン&セツ編に入ってから毎号萌えさせられてきましたが、今号はピークでした。
キョコよ!!正常な恋愛(へと続く)感覚を取り戻しつつあるのねと予感せずにはいられなかった。
いろんなところに萌えっぱなしでした…

前回、きっと理性崩壊を防がんとセツを外に連れ出したカイン。
妄想したようなお部屋展開はきれーさっぱりなかったんですが、もうね、二人がいるだけで萌え。

さて。カイン兄さんの反応を試してみたくなったセツさん。
ななじゅうまんえんのお洋服(しかも悪魔衣装)を欲しいと強請ります。
当然その気はなく兄さんを困らせたいがためなんだけど・・・カイン兄さんはあっさり「一式もらう」と。うん。

ここまでは読者は予想つきはするんだけど、これにあわてるのがキョーコさん。
なんて甘い兄なのって。いやいやいや妹には甘いんだってせっちゃん。

つい本音をぶちかまし「困らせたかっただけ」と拗ねてみると
カイン兄さんてば、せっちゃんのほっぺをつかんで「生意気なことを言うのはこの口か?」×2。

じゃれてるよおお~カインってば!!
ところがキョコには伝わりづらかったようで「恐怖政治」ってww 
でもそうかこういうじゃれ方は知らなきゃ伝わんないよね。

そして「じゃれるのはこれくらいにして」とのたまうカイン兄さん、パンツをせっちゃんにさしだします。
ああ…蓮、生足がそんなに辛かったのね、理性崩壊寸前だったのねwwと同情。

案外密室にいること自体もそうだけどなんとか自然に着替えさせたかったのかもね。

キョコも極ミニは動きづらかったようでパンツは嬉しい様子。
「敦賀さんもその辺気を使ってくれたんだ・・・」って
違うよキョコちゃん。
蓮君はあなたの生足に耐えられなかったのよ(爆)
よかったね蓮、生足地獄から解放されてwwww

余談ですがキョコが見えてもよいインナーを穿いていたというのは意外w
・・・・うっかり見えたと思って一瞬焦ってほっとするもちょぴっとがっかりする蓮を妄想してしまいましたwww
うわっ、見え……あ、なんだ……パンツじゃなかったのか(ちょっと残念…)

蓮君の理性崩壊の危機を救ったパンツですが、なるべくパンツ穿いててもらうためではないだろうがw
なんと10本も購入。ここでまたせっちゃんあきれ顔。なんて浪費家なのって。

怒ったせっちゃん「私のために浪費しすぎ!!」と逆にしかる派目に。

そしたらばカイン兄さんてば「俺は自分にお金を使うよりお前に使う方が楽しい」ともっともな台詞を。
揚句、「俺から仕事以外の楽しみを奪うのか」と捨てられた仔犬顔で迫るのです!
バックの捨て犬カインがまたかわゆす! 


キター!!!!! 心を許しているセツにこそ見せる甘えたな顔!!!これぞ萌えの極地!!
こんなん見せられたらそりゃ許しちゃいますわね。惚れるって。もう。
いや~でもセツにだけは、弱いとこみせたりすねたりは期待してたけど、まさか仔犬攻撃とは思わんかったぜ。

自分がなだめてもらうはずがすっかり逆になってしまったせっちゃん。
罪悪感を感じて10本も買うから抗議するのだと。
あたしだって兄さんに買ってもらうのは嬉しいにきまってるんだからと素直に兄に本音を伝えます。
素直にありがとうと言いたいからせめて2本にしてとお願い。

そしたらまた例の顔で「・・・・3本・・・・」と。
・・・・・・・捨て犬まで増えてるし!!!
しっかりもんのせっちゃんも・・・・結局カイン兄さんには負けてしまいましたwww
いそいそとお店に戻るカインの後ろ姿がかわいすぎ。

で再び折れざるを得なかったせっちゃんですが、
なんで私が兄をなだめてすかしてるの??
カイン兄さんはもっと大人な男だと思ってたのに。
と。
いやだから、妹の前ではだだこねられるのがカインなんだよお


しかし。
せっちゃんもついに読者と同じ気持ちになっていたんです。
普段おっかない男がセツには見せる甘えたな顔に、うっかり思ってしまってたんですね~

「可愛いなーーーこんちくしょー!!
もっと甘えた顔させてやろーかー!!」
って。
もえもえ身悶え。

そうかあキョコも思っちゃったか。こんな兄ほっておけないって!!!!

そうブラコンってただ兄さんべったりってより
「兄さんには弱い」
ってほうが本来の姿だったりするよね~
屈強な兄が自分にはそんな顔も見せる兄の事が可愛くてしかたないんだよ、せっちゃんは。

そして相手の反応が見てみたくてうずうず。
その感情に気付いたセツは クオンになりきった時のようにスイッチが入るのです。このキョコもかわいい。
前号が荒れてたのはむしろこっちの号に時間さいたからじゃなかろーか。

さて一人で兄を待つセツの元に現れたのは、お約束の(仲村センセもお気に入りの)ごろツキ。
なんかうっかりついてったら薬打たれそーな雰囲気の危ない奴らです。

行ってもいいけど持ち出し許可はあの人に取ってくれる?とセツカ。
男たちの視線の先にはおっそろしー顔のカイン兄さんが・・・

で、待て次号。


ひと月ちょっとお休みだけど待ちますとも。ってかセンセイ休んで!!!!



今回はね~萌えと同時に感心もしたのです。

仲村センセ、「スキビは演劇マンガじゃないので」とおっしゃっていましたが。


芝居はひとりでつくるものじゃないんですよね。(一人芝居は別として)

相手の反応があってこそ役も生きるわけで。その辺丁寧に描かれてて嬉しいなあ~。
「役になりきる」ことも大事だけど「相手と一緒に作り上げていく」ことが、
芝居の喜びであるとキョコも感覚的には気づき始めたみたいですね。 

水川あさみさんは自分は役作りとか考えずに現場で役をつくっていくって
何かのインタビューで言ってたけどそれもまた一つの正解だもんね~ 


ああそれにしてもこれからきっと色んなカインを見てキョコはそのいろんな面に惹かれるんだろうなあ。
そしてカイン(凶悪顔)を時にといたり そんな顔すらいつしか・・・なんて想像はつきないんです。うひ。
でもそこで芝居を超えたところで恋愛に気づいて欲しいなあ。
じゃないと役のせいだっていいわけしそうだもんw 
Secret

TrackBackURL
→http://jirokichi5.blog7.fc2.com/tb.php/118-535779c4